筋肉痛にもプロテインが効果あり!

筋肉痛にもプロテインが効果あり!

筋トレをする人たちに筋肉痛に苦しむ人たちもいるかもしれません。初心者の場合特に普段使っていなかった筋肉を使うので、筋肉痛にもなりやすいですね。
そんなときにプロテインは効果ありですよ。

 

筋肉痛になる理由

筋肉痛

 

普段動かさない筋肉を使うと次の日には筋肉痛となって表れることを誰もが経験していると思いますが、この筋肉痛の原因は本当のところは明らかになっていないようです。
ただ、一般的には、トレーニングなどをした際に副産物として出てくる乳酸が筋肉の血管に蓄積されてそれが筋肉痛を引き起こしているという説があるのです。

 

また筋肉の細かい繊維が傷ついて、それが回復する過程において痛みが起こるという説もあります。

 

 

筋肉痛にはプロテインが効果がある

 

この筋トレなどによって筋肉が疲れ、傷ついた後には、筋肉が回復する時間があります。
この回復期を過ごしながら筋肉はさらに増強されていくという過程を経るようになります。

 

この回復期に、タンパク質の合成が起こり、体の中にあるエネルギーとアミノ酸がタンパク質を合成しながら筋肉を修復していくので、その修復において使われるタンパク質を外部から摂ることで、より多くの栄養を与えることができ、回復もスムーズに行われ、筋肉痛にも効果があるとみられます。

 

ただ、この筋肉痛を最小限に抑えるためには、プロテインをトレーニングの直後に飲むのが最適だとされています。
トレーニング後30分以内、遅くとも1時間以内には飲むようにしたいものです。

 

早く飲めば飲むほどに、早い時間に吸収され、筋肉の修復を早く行うことができるからです。

 

また、筋肉痛対策のために飲む場合、炭水化物とプロテインを一緒に摂るとより効果的と言われています。
炭水化物をとることで、インスリンが分泌され、タンパク質の吸収を良くしてくれるからです。
なので、筋トレの後に、プロテインと一緒にパンやおにぎりなどの炭水化物も一緒に摂るといいですね。

 

 

プロテインの過剰摂取に注意

プロテイン

 

プロテインの過剰摂取によっては腎臓に負担がかかり副作用となって表れる可能性があります。
たくさん飲んだからと言って筋肉痛がなくなるわけでもなく、また筋肉をつけたいからといってたくさん飲めば効果があるというわけではありません。

 

あくまで地道に毎日適量を摂取するというのが、長い目で見た場合良い効果をもたらしてくれるはずです。

 

ポイントは飲むタイミングでしょうかね。
トレーニング直後は筋肉痛に効果があるばかりではなく、筋肉増強にもこのタイミングが良いと言われています。
筋肉増強のためには、他にも朝や夜寝る前などタイミングを見計らって摂ると良いですね。
プロテインもその特徴や効果を知って、上手に体に取り入れたいものですね。