筋トレのお供にダルクスポーツのHMBタブレットはいかがですか?

筋トレのお供にダルクスポーツのHMBタブレットはいかがですか?

HMBという成分が今注目を集めています。筋肉増強に良いと言われるこの成分を飲みやすいタブレットにしたダルクスポーツのHMBタブレットを紹介しますね。

 

HMBとは?


そもそもこのHMBという成分はどんな成分なんでしょう?

 

これは「β‐ヒドロキシβ−メチル酪酸」というもので、必須アミノ酸の一種であるロイシンを体内に取り入れたときに体内で作られる物質なのです。

 

アメリカでは10年ほど前から注目されアスリートたちが摂取していたのですが、日本で認可されたのはここ数年のことなんですよね。

 

 

HMBでどんな効果がある?

 

このHMBを摂るとどんな効果があるのでしょうか?

 

HMBは筋肉中にあるタンパク質の分解を防いでくれます。
筋トレしながら筋肉に大きな負荷がかかった場合、筋肉が疲れやすかったり傷ついたりするのですが、そうしたことも防止しながら、逆に多くのタンパク質を与えて回復を促進してくれる働きがあるのです。

 

結果どうなるでしょうか?

 

今まで培ってきた筋肉を破壊を最小限にとどめながら筋肉を増強していくことができるのです。

 

また、クレアチンなどほかのサプリと併用すると効果が倍増します。

 

バルクスポーツのHMBタブレット

 

そんなHMBを食事でとるのは難しく、ロイシンを摂ればいいじゃないかということですが、ロイシンを摂ったところで生成されるHMBはごく少量です。例えば1gのHMBを生成するのに20gのロイシンが必要なのです。
そこで手軽にHMBを摂取できるようにと作られたのがサプリですね。

 

HMBのパウダー状のものもありますが、こちらはタブレットタイプのものです。
中身は同じですが、飲み方が違うということですね。
パウダー状だと水に溶かして飲まないといけないし、持ち運びが不便な面もありますが、このタブレットタイプだといつでもどこでも持ち運べて飲むことができます。

 

1日に2〜3回、1回につき2タブレットほどを摂るだけなので、簡単に続けられるというメリットもあります。

 

飲むタイミングは特に決まってはいませんが、トレーニング直後、そして食後などが良いそうです。

 

口コミが気になったので見てみましたが、満足した人、ちょっと残念だった人、それぞれいましたね。

 

筋肉増強に関しては効果を実感したとリピートする人もいます。が、どちらにも見られたのがタブレットの錠剤が大きくて飲み込みにくいというデメリットもあるようです。
何も摂らずに筋トレしていたときとの差が目に見えるので、そういう人は効果を実感しやすいようですね。

 

効果がでるには飲み始めて2か月から3か月はかかるので、根気よく続けることが大切ですね。

 

HMBタブレットの詳細はこちら

 

 

筋肉サプリランキング1位 ⇒ DCC(ディープチェンジクレアチン)サプリ