筋トレと健康〜筋トレは体にこんなに良い効果をもたらしてくれます〜

筋トレと健康〜筋トレは体にこんなに良い効果をもたらしてくれます〜

筋トレも運動ですから、体に良く、健康になれるのはわかりますが、具体的に体にどんな効果をもたらしてくれるのでしょう?

 

 

血行がよくなる

血行

 

全身の代謝は筋肉量が多くなればなるほど、よくなります。
筋トレによって筋肉が増強されると、代謝がよくなり、また血行もよく、冷え症などの症状も改善されていきますよ。

 

筋肉を動かせば動かすほどに新しい血管が生まれ、さらに、血管も弛緩と収縮を活発にするようになり、血行がよくなり、懲りやむくみも解消できます。

 

女性たちに冷え症が多いですが、ちょっとした筋トレをすることで、改善できそうですね。

 

 

骨が強くなる

 

筋トレすることで、骨芽細胞が活発になり、骨粗鬆症などの予防になります。また関節や骨の周りは筋肉で、この筋肉が骨を支えているとも言えます。
この筋肉を鍛えることで、骨にも刺激が伝わって骨の代謝をよくして強くしてくれます。

 

 

糖尿病予防

糖尿病

 

体の中でブドウ糖をたくさん取り込むところはは筋肉です。
年齢とともに筋肉量が減ってくると、そのブドウ糖の消費量も減り、その分、血液の中にブドウ糖が増えてしまうのです。これが糖尿病へとつながっていきます。

 

中高年に糖尿病が多いのはこういう原因もあるからなんですね。

 

そこで、筋トレなどの運動をして筋肉を使うと2型糖尿病の発症を抑えることができるという研究結果も出ているくらいです。

 

激しい筋トレとまではいかなくても「適度な運動」というのは、家で簡単にできる筋トレもOKってことですね。

 

ガン予防になる

 

運動がガンの予防になるという話はよく耳にします。その中でも筋トレをすると効果的だとのこと。統計によると定期的に筋トレしていた人たちはガンの死亡率が33%も下がったそうです。

 

逆にデスクワークなどを主にしている人たちの大腸がんの発生率が高かったりするのは、やはり運動不足ということが言えますね。
少しずつでも筋トレをしておくとガンの予防にもなりますよ。

 

 

ボケ防止、アンチエイジング効果

 

筋トレをすると代謝がよくなり、体温も上がります。体温が上がれば、免疫力もアップしてあらゆる病気の予防になりますが、これがまたボケ防止にもなるんです。
筋トレをすると血液の量が増えますが、それと同時に脳も大きくなると言われています。それによって認知機能も向上して認知症になりにくくなるんですね。

 

また、筋トレをすることによって、筋肉に強い負荷がかかり、体の中には成長ホルモンが分泌されるようになります。
この成長ホルモンによってアンチエイジング効果も期待できると言われています。

 

日頃から筋トレや運動をしている人は、老けて見えないのはこうした理由があるからなんですね。